ライフワークとライスワーク【すべてを楽しく、ワクワクしたい】

ライフワークとライスワーク

こんにちは 高峰 優 です。

「仕事はしんどいもの、楽しみはそれ以外で。て、周りからサトされてきたけど、本当かな。」

今の時代、二毛作、三毛作、多作・・・・

ライフワークとライスワークが入り混じって、マルチストリームインカムの実現を目指す時代です。

でもですね。すべての仕事が楽しく、やりたいことだらけの人生が一番素晴らしいですよね。

ですので、正解は

すべての仕事をライフワークにする!

です。

ライフワークとライスワーク【すべてを楽しく、ワクワクしたい】

実業家 チームの精神 チームワーク ユーロ シルエット ビジネスマン 経済 開発 オフィス 相乗効果 シナジー
Gerd AltmannによるPixabayから

ライフワークとライスワーク 複数の仕事を持つべき時代になってきたと思います。

大きな企業も倒産しますし、どこで働いていても、精神的ストレスで悩むこともあるはず。

ですので、すべての時間を楽しく、ワクワクしたことで埋め尽くしたい。

と思うのは私だけでしょうか?

仕事感を教えていただいたのは「マンガ」です。

みなさん、「マスター・キートン」てご存知ですか?

考古学者で保健調査員。

どちらがメインかといえば・・・・・・・

保険調査員なのです。

  • 私は、そのマンガを読んで、人生の過ごし方の一つの型を見出しました。

*人生の目標を考える「人生の目標設定ワークショップ」がオンライン講座(Udemy)で開講してますので、受講するのもいいかもです。
>>「人生の目標設定ワークショップ」

ライフワークが考古学のマスター・キートンに学べ

質問 誰 何 どのように なぜ 虫眼鏡 分析 問題 ソリューション どこ 通信手段 怒り
Gerd AltmannによるPixabayから

マスター・キートンは、大学で考古学を専攻して、そのまま研究が続けられたのに、


突然、英国特殊部隊に入隊してサバイバルのスペシャリスト・教官にまで上り詰めます。

しかし、またやめて、今度は探偵(保険調査員がメイン。イギリスにはロイドという保険会社がありますね)をしながら、考古学の研究を続けます。

その結果、考古学での新し仮説を発展させ(学生時代の想定ですね)、その糸口を見つけ出し、

 

「文明の起源としての都市がヨーロッパにある」

 

という仮説を立証するために、最後は発掘に取り掛かるのです。

このマンガで好きなところは、今の時代で言う、ライフワークとライスワークを示している点ですね。

 

生きる目標のためのライフワーク、食べるために取り組むライスワーク。

 

一番幸せなのはライフワークとライスワークが一致することだと思います。

マスター・キートンさんは、どちらも実は楽しんでいます。

 

それは、「考えて、調べて、明らかにする」という行為が好きなのだと感じています。

 

まるで、ホームズと一緒ですね。(ホームズは、お金持ちらしく、ライスワークはしませんが・・)

 

やりたいこと、やるべきことに没頭した時、人間は大きな力を発揮する。

 

そんなことを考えながら、30年前に買った「マスター・キートン」を今でも書棚に並べ、時に、手に取り楽しんでいます。

 

  • 結論  ワイフワークとライフワークを一致させ、マルチストリームインカムを目指すのが、これからの生き方

 

です。

 

どんな人生を歩み。

どんな仕事をすればいいのかお悩みの方は一度、自分の人生を見つめ直す時間をとることをお勧めします。

素晴らしい人生を手に入れるための人生の目標設定ワークショップに参加しましょう!

刃を磨ぐ 体 肉体 フィットネス 栄養 ストレス
Messan EdohによるPixabayから

今、成功している人は、みなさん、目標をちゃんと紙に書いて、実行してきている人たちです。

人生について考え、大きな夢を作り出し、目標を設定することがで、徐々に人生を良い方向に導くと思います。

Udemyには「人生の目標設定ワークショップ」をオンライン講座として開講してますので、受講するのもいいかもです。
>>「人生の目標設定ワークショップ」