できないのは目標がないから【人生に必要なこと】

2020-09-03

人生 目標 設定 成功

 

こんにちは高峰です。

私は、現在50歳すぎ。 そろそろ定年の準備をと思っていたところ、年金先送り、定年延長が叫ばれ、今後どうするか。 かなり不安になってました。

でも、ある時気がついたのですが「やるべきこと」はあまり変わらないですね。

今と将来について不安に思い、立ち止まっている人も多いです。 年齢に関係なく、30代、40代、50代とそれぞれ。

その対処法について、少し考えてました(昔の私と同じだったからです)

◆不安になっていると固まるので、不安を理解し、対処することが必要です。
・将来の不安を抱えているアナタに、不安と向き合う機会を持つことが大切
・何が不安かがわかると、その対処の必要性を理解できる
・その対処の第一ステップは目標を持つこと

不安なまま、時間が流れていくのは無意味と思いませんか? 対処の流れを書きました。

 

できないのは目標がないから【人生に必要なこと】

Ashely BarliによるPixabayから

 

今、すごい速さで世界が変わってきていると思いませんか。

そのため、これからどんな変化が起きるのか、 それが自分にどう影響しそうなのか、不安になります。

不安に感じるのは行動していないから

ですが。 行動することで不安を和らげることができる

例えば、折り紙を折っている時、どんな気持ちになりますか。

夢中なので「ふあん」なんて感じませんよね。

ですので、目の前のやるべきこと(やりたいこと)を見つけて、徹底して取り組むことが大切なのだと私は思います。

じゃ、どうやって「やるべきこと、やりたいこと」を見つけるのか

企業で働いている人(私もですが・)は、会社と部署の目標と役割がありますから、その実行にまず集中することは必須ですよね。

でもあまり時間はさきたくないです。

毎日、疲れた感、満載で働くことになると、嫌になりますし、将来にわたり続くと考えると不安にもなります。

ですが、会社の仕事を、自分の人生の「ほんの一部」だと考えたらどうでしょうか?

例えば、複数ビジネスを持つとかです。

そんな考え「目標」を持って、日々、計画的に行動すると「不安」を感じている余裕はなくなってくるのではないでしょうか?

目標を持つとどうなるのか

自分の人生で目標を持つと、行動も将来の結果も変わります。

 

私は、小中学生の時、超劣等生でした。公立学校に(当然試験なし)自動的に入り、通ってました。 小学生の時の成績はクラスで、ほぼドベ。

中学の時、何かの拍子に本を読んでみると、これがハマり沢山読むようになりました。それで、将来、科学者になりたいと思ったのが、すべての始まりでした

その結果、私の普段の行動が変わりました。 親にお願いして「塾」にいかせていただきました。親はびっくり。内心アンタが?と思ったかもしれません。(近所の弁護士受験のニイちゃんがやっている私塾です。私の成績では、まともな予備校はついていけません)

元々出来が悪いので、一流大学は落ちて、二流大学へいきました。しかし、諦め切れず大学院に進学。国立の一流校に入し、後に工学博士まで取得できました。

いがいと、やればできるんだ

やればできるようになることもある、と気がつきました。

ですので、今不安で、モゾモゾして、何もせず、イライラしているのであれば

目標を持ってみてはいかがですか。

きっと、日々の生活から変わり、人生の結果が変わると思います。  

目標を持つために不安と向き合う

思考,頭,アタマ,瞑想,マインドフルネス,未来,フューチャー 

  不安を解消し、より良い生活、豊かなミライを手に入れたい。と思っているのでしたら、目標を持つべきです。

でないと、行動ができず、結果は変わりません・

まずは自分を見つめ直しましょう

結局、どうしたいのかは誰も教えてくれません。

リラックスして、自分を見つめ直す

そこで、一人になって自分を見つめ直し、不安を書き出してください。 不安を感じていることを自分自身が理解することが大切です。

何が不安かがわかると、その対処の必要性を理解できる

不安がわかると、それを取り除くことが必要になります。

要は、何をして、「不安」を取り除くのかを考える必要があることを理解できるわけです。 この理解がないと、何もすすみません。

不安を取り除く対処法とは

例えばです。 お金。 今でもカツカツなのに、10年後には、子供たちが大学の時期。その学費をどうするか。

「学費がないから、行かせない」という選択しは考えてはダメです。親の義務ですから(これは自論です。)

要は10年後には、少なくとも400万から500万/一人 準備が必要で、これを実現することが対処することになりますね。

でも、これだけではないですね。 もっと、大きな(教育も大きいですが)な不安があると思います。 その対処方法を決めるにはどうすべきでしょうか?

人生に必要な対処の第一ステップは目標を持つこと

TumisuによるPixabayから

  10年程度とは言わず、20年ぐらい先まで考えても、「どうなっていたいか」を考えることが大切です。 「自分と家族が、どんな生活をしていたいか」を思い描くことが大切。 そして、途中、途中にも「やりたいこと」があるはずです。

思考は現実化する

それらを、まとめて紙に書き出し、目標として意識することが大切ですね。

思考は現実化する(ナポレオン・ヒル)
すべてのものは2度作られる.
・1度目は頭のなかのイメージ
・2度目は現実の世界でREALな「モノ」「コト」

目標を設定して、行動することで「不安」を解消し、日々、充実した生活を歩みたいですね。

 

できないのは目標がないから【人生に必要なこと】 まとめ

不安にとりこまれて、固まるのは無意味です。 何か行動しましょう。

「不安」が何かを理解し、対処することが大切

行動するために、目標を決めましょう 目標を決めることで、そこに至る道筋を考えます。 その結果、行動が伴い、不安を緩和できる。

  • 将来の不安を抱えているアナタに、不安と向き合う機会を持つことが大切
  • 何が不安かがわかると、その対処の必要性を理解できる
  • その対処の第一ステップは目標を持つこと

 

不安を解消し、目標を設定するワークショップ

今、成功している人はみなさん、目標をちゃんと紙に書いて、実行してきている人たちです。

人生について考え、大きな夢を作り出し、目標を設定することがで、徐々に人生を良い方向に導くと思います。

今Udemyでは、「人生の目標設定ワークショップ」をが受講できますので是非ご覧ください。

>「人生の目標設定ワークショップ」  

 

CreativeLife Blog のNewsLetter に登録して、今すぐPDFを受け取ってください。

CreativeLife Blogで提供している情報

  • 新しい時代の探究、創造、思考、仕事術について
  • より豊かに生きるためのマインドについて
  • 未来予測(研究)

 

メールアドレスを登録して今すぐPDFを受け取ってください。