電子書籍出版サポートコース

2022-07-21

一度は本を出してみたいと誰もが思うこと。

でも自分には、本を出すことなんてできない

と思っていませんか?

実は、誰でも自由に本を出す方法があります。

それは、「電子書籍」による出版です。

「KINDLE」という言葉を聞かれてことがある方も多いと思います。

AMAZONで出版されている電子書籍のことをKINDLE本と呼ばれていますね。

KINDLEは、誰でも、自分の書きたいこと、エッセイや写真集などを自由に(原稿チェックが少し入りますが・・)出版することができます。

少しイメージしてみてください。

電車に乗っていて、周りを見渡すと、スマホを見ている人が多くないですか。

何を見ているのでしょう。

漫画や本を読んでいる人を多く見かけませんか。

スマホで多く読まれているのがKINDLE本です。

電車やカフェ、少しの隙間時間で、本を読むことができるので便利です。

そして、誰でも、KINDLE本を出すことができるのが今の時代。

しかも世界中で販売することができますので、夢がふくらみますね。

でも・・・・・・・。

自分には書くことなんてない。

電子書籍の作り方も出版の仕方も知らない。

難しそう・・・・・・

と足踏みする方も多いのが実情です。

スマホで読んでいる方の中で、電子書籍を出版したことがある人は、どのぐらいいるでしょうか?

おそらく、0.1%もいない。。。

やはり、自分で本を書いて、電子書籍を出版するのはハードルが高いようです。

電子書籍は、自伝を残してご家族にご自身の足跡を残したり、

ビジネスではブランディングや集客にも使うこともできます。

小説やエッセイ、写真集を作って、自由にご自身のアートを表現することができますね。

電子書籍出版サポートコース


そこで、今回、自分で書く内容を決めて、執筆していただき、出版するまでをサポートする、特別コースをリリースいたしました。

ご自身で書きたい内容を決めていただき、執筆、KINDELでの出版までを、

動画コンテンツによるセルフスタディに加えて、お一人ごとのコーチングによりサポートいたします。

ただし、売れる本を出すことは保証致しかねますのでご了承ください。

本コースは、あくまで、電子書籍を出版するまでのサポートコースとなっております。

どうすれば本を出版できるか、お悩みの方
どうしても電子書籍を出したい方

にかぎりご参加くださいませ。

動画コンテンツでは、執筆から出版までの流れと、すべきことを簡単にご説明しております。

サポートは、初回、どのような気持ちで望まれるか、私との対話から始まり、出版までの流れをご説明いたします。

そして、電子書籍出版(KINDLE本。スマホ10ページ分が目安)を3ヶ月で実現することを目指します。

サポートは、週1回1時間、月4回、3ヶ月間です。

安心して進めることができるようにコースを設定しました。

参加費用は、通常は15万円は頂かないと成り立ちません。

しかし、今回は、 お一人様5万円となっております。

特別に今回お安くしております。

通常は15万円は頂かないと成り立ちませんが、売れる本を出すことは保証しませんので、この価格といたしました。

電子書籍を書いて、出すまで、あなたに寄り添ってサポートします。

電子書籍の出版に関することならなんでもお聞きください。

参加はこちらから>>電子書籍出版サポートコースに参加する!

高峰 優のご紹介

参加はこちらから>>電子書籍出版サポートコースに参加する!

Posted by takamine masaru